スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
看護婦さんとの面談、再建について
ゴールデンウイーク中は、かねてからたまっていた掃除に追われ

ブログどころではない生活でした。


5月10日に無事2回目のタキソテールが終了。


体調がよかったので、また、看護婦さんとの面談をお願いして

再建について詳しく教えてもらった。

だいたいのことは本で読んでいたので理解しているつもりだったけど

部分切除の場合、術後に放射線を当てると皮膚が硬くなり、

人工物を使った再建は厳しいとのこと。


そこで、医療従事者用の再建のオペや術後の本を見せていただいた。

本当にこういう風に提供してくださる方の勇気に感謝しつつ見せていただいた。

やはり背中やおなかから皮膚を持ってくると傷もたくさん残っていて

痛みやつれ感もあるだろうな・・・という感じだった。

それでなくても、両側のリンパ節も切除するので腕や肩の動きが悪くなるのに加えて

腹筋や背筋の動きに制限がかかったら・・・と思うと

やはり、体への負担が少ない人工物しかない・・・と思った。

つまり両側切除しかないってことだった・・・




色々あってつらかったけど、いまはもうやるしかないっ!

て心境です。


告知後なんて、両側切除なんてこんな手術、絶対無理!

て感じで受け入れられなかったんだけどね。

もちろん、他人さまから見れば、気持ちの悪い体かもしれないけど。

頑張れるような気になってきたよ

励みになります。ポッちっとお願いします




スポンサーサイト
[2010/05/14 10:18] | 抗がん剤後 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<人に言えない | ホーム | 残念な話>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yukookaa.blog14.fc2.com/tb.php/8-5cc32a72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
両側乳がん日記  乳房再建編 


はじめに

このブログは2010年4月、抗がん剤の治療中からはじめていますので、それ以前のこと(発見ら告知やら)は、記憶をたどって簡単に綴っています。 初めての方は、カテゴリーの上から順に読んでいただけると病気のながれがわかります。

プロフィール

きりりと

Author:きりりと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

   2010.6より開始

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。