スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
術前の悩み
今日は病院内でのセカンドオピニオンを聞きに行ってきた。

目的は右側のリンパ節を切除するかどうか

左右とも乳房切除は決定。

左側ははっきりとしたリンパ節転移があるので、これも切除決定。

右側はセンチネル生検の結果微小転移あり。

それを残すかどうか…ということ。



ただ、行く前に一悶着ありまして…


主人が病院だということを忘れていたんですね~

誰でも忘れることはあるし、まして、私なんて必要なことでも半分は忘れてしまうくらいの健忘症(笑)

だから人のことなんて言えたもんじゃない。




なのに、なのに、ブチギレてしまった




“あなたにとってセカンドオピニオンなんて大したことじゃないかもしれないけど、
私にとったら忘れられるような予定じゃない。
その程度にしか考えてないなら自分ひとりで言って聞いてくるっ。
自分で決めるっ(情けないことに泣きながら)”



もっと言い放ちましたよ、本当は

捉え方が全然違うから、結局悩むのは一人で悩んで、孤独感を感じてるんだって。

(悩むのは主人のせいだと言わんがばかりに…)

うちはほとんど言い合いをしないんで、もうこれはあり得ないほどの事態で


…主人は黙って聞いてました。


今、こうして書いてみて暴走してる自分を感じます。

恥ずかしくなる。



なんでこう思っちゃうんだろう?


彼は前向きにとらえている。

あまり深く悩んでもいない(勝手な推定)

本やらテレビやらで積極的に情報を得ようとかそういうこともナシ。

夜もあっという間に寝てしまう。

話せない。

話はいつでも聞くよというけど、仕事で疲れてるし話せる雰囲気じゃない。


私はご覧のとおりで、悩んで夜は眠れない。

横からは心地よい寝息。

優しい言葉はたくさんかけてくれるけど、悩んで一番辛いところでそばにいない。

いないというより、そばで寝てる…

優しい言葉とのギャップで余計苦しい。

言うばっかりで実際は何にも考えてないやんっ、と思えてしまう。


う~ん、私の不満はどうやらこの一点だね、唯一にして最大。


さあどうする、私。




(本題に戻る)


お医者さんはプラスのこととマイナスのことを神技か?というくらい半々のバランスで説明してくれた。

プラスの面は

・当然リンパ節でのガンの可能性がなくなること

マイナス面は
・リンパ浮腫 大体4割。太ってたり糖尿の人はハイリスクだけどねって。
       どうしてもう一声、ゆうこおかあさんは低リスクですねって言わないかなぁ?(笑)

・知覚麻痺 これは一生

もちろんこの程度のことは私も、皆さんもご存じかと思いますが、衝撃的だったのは

「リンパ節を取る目的はほとんど治療というより、

どこまで広がってるかという確認みたいなもの」ということと、

「とっても、だいたい1個しか転移してないんですよね~」だった。


こういうのが記憶に残ってるってことはリンパ節を残したい自分がいるからかな?

手術前日までに決めてくれたらいいからって。


取った時の一生両腕を気づかわないといけないこと

取らなかった時一生再発のリスクと隣り合わせのこと。

自分にとって本当に、いや、本当はどっちが幸せなのか、その幸せが家族にとっての幸せなのか?

結局誰の幸せのために生きたらいいのか??



ポッチとお願いします。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
[2010/06/30 13:28] | 術前のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(8) |
| ホーム | 次のページ
両側乳がん日記  乳房再建編 


はじめに

このブログは2010年4月、抗がん剤の治療中からはじめていますので、それ以前のこと(発見ら告知やら)は、記憶をたどって簡単に綴っています。 初めての方は、カテゴリーの上から順に読んでいただけると病気のながれがわかります。

プロフィール

きりりと

Author:きりりと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

   2010.6より開始

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。