スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
手紙
今年の年賀状を書くとき、古い友人達の、親友といえる大切な友人達にだけ

今年は闘病の一年になるだろう、と知らせた。

みんなすぐに、電話やらメールやらで連絡をくれ励ましてくれてとても嬉しかった

その中で、一人だけ親友M子が手紙をくれた。

M子とは昔よく文通をしていて、字を見るだけで気分や状況がわかってしまう、

そんな間柄なので、敢えて、手紙をくれた彼女の気持ちがうれしかった

私は、さっそく返事を書いたものの途中で筆が止まってしまい、なんと最近までそのままにしてしまっていた。

理由は、病状をすべて話すか話さないかで迷っていたから。

正直言うと、癌であることはほとんどの友人に伝えているけど、

乳がんであることはほとんど言っていないのが現状。

だって両側切除なんて聞いたら、相手もショックだろうし、

励ます言葉を探すのも大変だろうな…って

結局詳しくは伝えず簡単な現状だけを報告した。


返事が遅かったのでめちゃくちゃ心配をかけてしまっていて

乳がんであることさえ知らないのに、


『きりりとはきりりと。

きりりとの人間的魅力は変わらない。

前の手紙で“大丈夫!!”と書いたのは励まそうとしてじゃない。

直感で大丈夫!!って思ったから、それを伝えたくて』


他にも色々書いてあり、本当にうれしくて涙してしまった。

親友の直感、私は信じるよ!!大丈夫だ!!


励みになります。ポッちっとお願いします



スポンサーサイト
[2010/05/27 10:08] | 抗がん剤後 | トラックバック(0) | コメント(5) |
| ホーム | 次のページ
両側乳がん日記  乳房再建編 


はじめに

このブログは2010年4月、抗がん剤の治療中からはじめていますので、それ以前のこと(発見ら告知やら)は、記憶をたどって簡単に綴っています。 初めての方は、カテゴリーの上から順に読んでいただけると病気のながれがわかります。

プロフィール

きりりと

Author:きりりと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

   2010.6より開始

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。