スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
しこり、アリ。
昨日は愛知医科大学病院へ行ってきました!!

が、今日はそのことではなく通っている病院でのこと。


今日はゾラの注射の日だったので、前回のブログに書いた胸のしこりを先生に訴えてみた。

触診した後「確かになんかあるねぇ…」と先生。

本当は“私の気のせい”であることを期待していたんだけど、そうは問屋が卸さなかった。


すぐに超音波。


やっぱり気のせいでもなんでもなく、黒い塊が映ってしまった…



「なにかあるけど、少なくとも骨じゃないから。」と先生。


「考えられる可能性としては、まず脂肪の塊。術後に残った脂肪が腐って固まることがある。

それから、局所再発。

なのでしばらく経過観察して大きくなるようだったらすぐに取ります。」



経過観察??? 工エエェェ(´д`)ェェエエ工


そんな悠長なこと言ってて大丈夫なんかい?と思って



「気になっちゃうから細胞取って調べて下さい。」


ということで22日に細胞診になりました。


「脂肪の塊ならほっといていいし、局所再発ならすぐに取っちゃいます」

「取っちゃって終わりですか?抗がん剤とかは?」

「抗がん剤はしない。薬をホルモン剤を変えます」

と事もなげに言っておられました。

そんな簡単なものなのか??と思ったけど、簡単に言われると簡単な事の様な気がしないでもない。


ただ脂肪の塊がどんなものなのか、固いのか柔らかいのかわからないけれど、

少なくともブログには書かなかったけど、

骨転移か?と疑ったほど骨が腫れてるかのような固さ。



「柔らかくない」ということがどういう意味を持つかみなさんならおわかりですよね…



  ・・・不安です.・゚・゚・(つд`)・゚・゚・.




診察室を出た後、乳がん専門のいつもの看護婦さんが来てくれてしばらく再建のことやらを話しました。

その後、このことを話したら

「きりりとさんは全摘で乳腺は残ってないはずだから局所再発はないハズ。

もしそうだとしたら原発の何かか、皮膚に転移したかだと思います」と言われました



…おいおい ε-(;-ω-`A) フゥ… 




でも、両側全摘という人一倍の修羅場をくぐり抜けてきた私です。

ついこの前の半年検診では無駄に動揺して失敗した私でもあります。

なので、今回は今までの全ての経験を生かし、

できるだけ考えないように心静かに検査を待ちたいと思います。



それしかないぜo(`・ω・´)○ ヤー!!!! 


 ポチっとお願いっ
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
[2011/03/09 15:18] | 再建への道のり | トラックバック(0) | コメント(14) |
情報の波にのまれる
いよいよ再建に向かって歩きだしたのですが、私の場合両側全摘なので

インプラントしかないだろうと思っていたんです。


ところが再建の本を片っ端から読み漁る中で

両側でも自家再建されてる方がいらっしゃったんです。



寺尾保信著  「再建手術、承ります」 毎日新聞社



この先生は乳房のみならず、『再建』をされる専門の形成の先生。

本の中では乳房再建のことは4分の1ほど書かれていて、

私と同じ両側全摘の方がインプラントと腹直筋皮弁法のいいとこどり、

つまり、組織拡張器で一期再建を行い、皮膚を膨らませた後

インプラントに入れ替えるのではなく、腹直筋皮弁を移植するという方法で再建されていた。

表面は胸の皮膚で、中身は柔らかいおなかの脂肪


めっちゃ、いいやん!!と思ったんです。



ところが、色んな情報の波にのまれた私がふと我に返ると現実的な問題が山積

本を出されてるような先生はごく一部で、しかも多くの先生が東京の病院。

私は関西弁が出てしまって紛らわしいですが、東海地方在住。

乳房再建をしている病院そのものがあまりない。



私の主治医の先生が挙げて下さった候補は

「A大学病院とF大学病院。それから三重県のY病院に

東京の有名な先生のもとで勉強された女医さんがいる」

3つだけ。3つだけ… マジっすか?

もっとあるのかもしれないけど、お勧めできるのは3つだと…

これが医療の地域格差ってやつか???と実感

いや、再建そのものがまだまだ広がってないのね。

きっと私と同じようにあふれる情報とはうらはらな

自分の環境をヒシヒシと感じている方も多いのだろうなぁ


東京まで足を運んで手術をするのか?費用だって無視できない問題だけど。

有名な先生に…となると数年待たないといけない先生もいる。

インプラントか自家組織か、に加えて、「どこで誰にしてもらうのか」

初めに考えていた「再建」が実はとんでもなく奥が深いんだ…と感じ始めました┐(´∀`)┌


 ポチっとお願いっ
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



 
[2011/03/03 10:00] | 再建への道のり | トラックバック(0) | コメント(10) |
スモールミーティング
さて、半年検診も無事終了してこれからはいよいよ再建!

色んな情報やら何やらを次の再建を考えている方のために

順を追って書いていきたいと思っているんですが

金曜日に急きょNクリニックのスモールミーティングに参加して

あまりに楽しかったのでそのことだけ先に書かせて下さいね~


私の通っている病院の患者会は医師も参加して

順番に近況を報告していくっていうお固い感じの会。

年齢層も高く、私なんか若輩者で… (・ω・A;)アセアセ

それでも色々教えて頂けるので参加していたのですが

今回参加させてもらったスモールミーティングは患者が集まってただ喋るっていうもの。

入院中、私以外乳がん患者の方がおらず、ブロとも以外乳がん患者の友達がいなかった私としては

フリーで喋れるなんて初体験

しかも年齢も近い方がほとんどで盛り上がる、盛り上がる

みなさん初めて会う方ばかりなのに、乳がんを乗り越えてきた者同士

こんなに打ち解けるのが早いのか?と驚くほどでした。


乳がんになってから

「やたら感動するようになったよね~」とか

「やたら感謝する(爆)」とか

「あるある~。゚(*゚´∀`゚)゚ノ彡☆ギャハハ八八ノヽノヽノヽノ \」

と、気が付けば乳がん患者の会というより、再建を楽しみにしてる会…っていう感じになってました。

一次再建の方、二次再建の方、それぞれ見せて、触らせていただいて

本当に貴重な経験でした。

想像以上にきれいでびっくり!!

写真で見るだけじゃ全然わからない感触、本当にありがとうございました


会をまとめてくださったかこいいいっぷうさん、素敵な人柄に惚れてしまいました

治療ど真ん中のmakiさん、大変な時期ですがきっとうまくいきます!頑張ってください!

お孫さんがいるとは思えないマダムユッキーナ、これからも二次再建情報待っています!

あと、名前の交換ができなかったみなさん、また次回もよろしくお願いしまぁす

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


[2011/02/28 10:19] | 再建への道のり | トラックバック(0) | コメント(6) |
| ホーム |
両側乳がん日記  乳房再建編 


はじめに

このブログは2010年4月、抗がん剤の治療中からはじめていますので、それ以前のこと(発見ら告知やら)は、記憶をたどって簡単に綴っています。 初めての方は、カテゴリーの上から順に読んでいただけると病気のながれがわかります。

プロフィール

きりりと

Author:きりりと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

   2010.6より開始

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。