スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
再建の金額
前回、料金のことを書き忘れてたので書き足しです




「エキスパンダーを入れる時に50万、インプラントとの入れ替えの時に50万

合わせて100万位ですが、きりりとサンの場合は両側なんで

全身麻酔とか重なる部分があるので180万位になると思います。」




正式な金額はここでやると決まったらまた改めて、ということでした。

一般的な相場かな?と思ったんですがどうでしょうね??

岩平センセとか他の先生ほ本にもそんなことを書いてあったように思うんだけど…



ただ、この後私の病院の看護婦さんに聞いたところ


「エキスパンダーを入れるところまでは保険が効くはずよ」



エキスパンダー挿入の50万が保険を使っても50万なのか

それとも、エキスパンダーでも保険の効くエキスパンダーと

保険の効かないちょっと高性能のエキスパンダーがあるので

その高性能のエキスパンダーを使うから50万なのか???


ここの病院に限らず、お値段の情報頂けたら助かります!!

なんせ両側なんで値段も大事なポイントの一つなんですぅ!!


ポチっとお願い!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村



スポンサーサイト
[2011/03/20 08:59] | 再建への道 | トラックバック(0) | コメント(15) |
愛知医科大学へ
こんな時期に再建なんて言ってる場合じゃないとは思うのですが

3月8日に病院へ行って1週間、早くも記憶が崩れ始めているのを感じるので

不謹慎とは思いつつ書くことにしました


私の主治医の先生がおススメする再建できる病院はこの辺だと

三重県の四日市市民病院の女の先生と愛知医科大学と藤田衛生大学。



三重の先生は「東京の有名な先生のもとで修業されてた先生」とのことで

しかも女医さんと、くれば行くっきゃないでしょ

張り切って電話かけてみたら、



「先生は3月の第2週でこの病院を辞められます」とのこと


な、なんでそもそも少ない選択肢の中なのにいなくなっちゃうのよ…



仕方なく次の候補、愛知医科大学のU先生のところへ。

この先生は再建で愛知県一というお噂を聞いていたのでさぞかし

経験豊富な先生に違いない!!と張り切ってGO!!

病院に着いたのが9時50分とやや出遅れたため、形成の受付で


「早くて1時からの診察になりますので、それまではどこかに行ってもらっても構いませんから」


と言われ院内でご飯食べたりしながら時間をつぶす。

やっと呼ばれて診察室に入ると若い先生が。



あっ、ここは大学病院だからインターンの先生がまず、話を聞くのね~



なんて思っていたら、何か違う。

インターンぽい、ぎこちなさがない。





んっ??恐る恐る名札を見たら・・・ご本人じゃん



わ、わ、若い・・・




偏見なのかなんなのかやっぱり若い=経験少 と思ってしまい不安になりつつ本題へ。



「インプラントとか自家組織とか、どんな方法をお考えですか?」

「まだ、はっきり決めてないんですけど、できれば自家組織かなぁと思っています」

自家組織ですか…きりりとサンの場合は両側なので手術だけでも12時間位は

かかっちゃうから体力的にキツイですね…」



…誰?誰の体力???執刀する先生の?(笑)


それに、普通の再建だとお腹の肉を取って、その三分の二位を使って作るんで

きりりとさんの場合、足りないですよね・・・」



とっさに佐武先生の本で読んだことが思い出されて

「お尻の肉とかも使えないですか?」

「できますよ。できますけどぉ、さらに時間がかかりますね…15時間位かかるかなぁ

だから体力的にかなりきついと思いますよ」



…だから誰の体力???先生の?(笑)


「日にちを分けるっていうのはどうでしょうか?」

もちろん、できますよ。でも形をそろえようと思うと同時にした方がね。

ただ自家再建の場合はインプラントのようにきれいに左右対称にできるわけではないですしね…

なかなか思ってるような感じにできるかどうかは…」




冷静に淡々と説明して下さいました。

若いけどそんな心配はいらないなと思える誠実そうな感じの印象でした。

とにかく両側の自家再建となると

時間がかかるということ=患者の(先生もね←もういいって?苦笑)体の負担が大きいこと、

両側だからこそインプラントがきれいに仕上がること、を説明されました。

先生自身がなんとか患者の希望に沿って自家再建をしよう!!っていう

情熱みたいなのものは感じられなかったな。それがちょっと残念。

でも医師の立場から冷静に私の状態を見て、一番良い方法を提案して下さったと思う。

客観的に見て私の場合は両側なので体の負担がより少なく、

しかもバランスがとれるインプラントがいいということなんだな、ということに納得がいきました。

確かに、おなかやらお尻から取ってきたら相当術後辛そうだしね・・・


なので、方向性としてはインプラントでいこうと決めました。

あとはどこの病院でするか?かな。

その前にしこりの件があるので再建の件はひとまずお休み。

この件がね…

 ポチっとお願い!
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村



[2011/03/17 20:09] | 再建への道 | トラックバック(0) | コメント(12) |
Nクリニックに思うこと
半年検診を受けたのが2月11日。

この時は胸の超音波はナシだった。

私がはっきりしこりを見つけたのが先週の金曜日。

その前からなんとなく腫れてるのかな~?なんてぼんやりとその場所に違和感を感じてはいた

ナグモクリニックで超音波の診察を受けたのが2月25日。

ナグモの超音波から2週間でしこりを見つけたことになる

2週間でしこりって成長するかな???

あの時のなぐちゃんがやった、彼自らやった超音波では全く問題ナシだったワケ。(←ここ重要)


このしこりが良性か悪性かまだ分からないけど、万が一悪性だったにしても

それは局所再発ということになり、その場合、早期発見しても予後は変わらないということが証明されているので

私としては全く問題ない…って言うのも変だけど、それでどうこうなるもんでもない、でしょ?

だから私的には別にどうってことない。



でもね、これがまだ片っ方のおっぱいが残ってる人だったら、というか

ほとんどの人がそうだと思うんだけど、そういう人が今回みたいにしこりを

見落とされたら??って思うの。

早期に発見できなければ温存できるのに全摘になっちゃったりするわけでしょ?


もちろん、どんなドクターにだって医療ミスってあると思う。

完璧な人なんていない。


だけどね、ナグモクリニックを受診した方ならわかると思うんだけど、

あの慌ただしい雑な診察、私は絶対にハイリスクだと思う。



別に非難しようとか訴えようとかそういうことじゃないの。

ナグモクリニックの再建できれいになった人もいっぱいいるし、

なぐちゃんに感謝してやまない人も大勢いるでしょう。

再建においては、やはりすごい経験があると思うし実績もあるんだと思う。

色々新しいことに挑戦しようとしてるところもあって、

これからの再建界の一端を担っていくんだろうなって感じる。


ただ、全国4か所もある病院を飛び回ったり。テレビに出たりしてるんだから、

そうそう細部にまで行き届くはずがない

私にしてみたら、今回のしこりの見落とし、怒りを感じないどころか

“あの診察なら当然だなε=(‐ω‐;;)” というのが正直な感想なの。

確かに超音波って見にくいよね。


でも、そこで見つけるのが仕事でしょ?


私が言いたいのは、あのクリニックで再建するなら

術後の経過観察においてはもっと地に足が付いた病院で検査したほうが

残ったおっぱいを守ることになるんじゃないか、と思うってこと。

これを読んで嫌な気持ちになる方がいたらごめんなさいね。

でも余計なお世話かも知れないけど、命がかかった大切なことだからどうしても伝えたくて。


そんなわけで、私の再建リストからはナグモは消しましたよ

 ポチっとお願いっ
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村





[2011/03/11 08:30] | 再建への道 | トラックバック(0) | コメント(24) |
Nクリニックへ
週末は乗鞍へスキーに行ってきました

今シーズン最後のスキーにしようと思っていたんだけど、やっぱり楽しい~~!!

ただいまフォームの改造中でまだまだ滑りたりない!!もう1回行きたいなぁ…

春よ、来ないで~!!!





さて、再建のこと…を書く前に、ちょっと気になること。

金曜日にお風呂に入る時に気が付いたことなんだけど

ちょっと右の肋骨に腫れてるようなところを発見

もともとそういう形だったのか、どうなのかははっきりしないんだけど

少なくとも左側と比べると盛り上がってる感じがする箇所がある。

こんなだったっけなぁ???

気のせいかと思って夫に触ってもらったんだけど…確かに腫れてると

ただ、2月11日に半年検診クリアーしたし、2月25日に今から書く

Nクリニックで超音波してもらったし、よっぽど大丈夫かとは思うんだけどね。

半年検診の前、悩み過ぎてしまったので気にしないようにしようと思うんだけど、

9日のゾラの日には必ず先生に言おう!っと。




さて本題の再建のこと。

色々読み漁ってる中で出てきた疑問やらがたくさんあって、どうしようかなぁと思っていたところに

Nクリニックに相談メール欄があってので、まったくかかるつもりにはしてなかったけれど(失礼ねっ)軽い気持ちで相談メールしたんです。

そうしたらその日のうちに返信があり、

「今度名古屋に行くのでその日に診察に来てください、そこでは話をしましょう」と

あっという間に決定。紹介状も要らないからって



先生はちょっとの間でもメールの返信をしたりして、とにかく超忙しそうに動き回っていた

診察は挨拶もそこそこにまず超音波。

それが済むとすぐに黒いブラとは違うんだけど胸だけの下着に着替えるように言われて

鏡の前に座らされて、どんどんシリコンを入れていく先生。


「自分が限界だと思うギリギリの大きさにしといた方が絶対に満足するからね」


最初にどんな手術方法かとかそういう話があって、やると決めてから

シリコンなりの大きさを決めていくと思っていたので、あまりの展開の速さにちょっと戸惑っちゃって

なんだかわけのわからないままインプラントの大きさ選びが終わって

ようやく説明がありました。


Nクリニックでは1回法といってエキスパンダーで伸ばさず

いきなりシリコンを入れてしまうという方法をやっていて


「僕は色んなところでこの方法を唱えてるんだけど、

なんでこの方法が受け入れられないのかわからない」
とおっしゃってました。


手術も1回で済むので費用もその分安く済むし、通院の手間もかからない、

エキスパンダーでパンパンに拡張させて痛い思いをしなくてすむし、

パンパンのカッコ悪い時期も過ごさなくって済む、と良いことづくめだと。

「どんな再建方法でもメリットとデメリットとがありますけど、1回法のデメリットは?」と聞くと


 「ないっ」 


「手術は先生が自らされるんですか?」

「これはねぇ、なぜだか僕にしかできないんだよね~。だから僕がやりますよ」

「インプラントでは時々感染症がおきてしまうことがあって、そういう時は初めからやり直しと言いますが
その時の費用はどうなりますか?(なにせ2倍かかるので費用のこともちゃんとしときたかったのでね)」

「それは保険を使わせてもらいますが、患者さんの負担にはならないようにします」

とまぁ、ざっとこんな感じの診察で20分くらいの診察だったかなぁ

この後、前に書いたスモールミーティングに参加して

実際の1回法で手術された方に見せて頂いて触らせて頂いて。

出来栄えはすごくきれいでしたよ

一日でこんなにきれいに形ができるのは魅力だなぁ~と感じましたが

Nクリニックだけでしかやっていない、というのがちょっと引っかかると言えばひっかかる。

ホンマに大丈夫なんかなぁ???

次は愛知県で一番という自家組織を使った再建をされてる先生のところに行ってきます!!

 ポチっとお願いっ
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



  
[2011/03/07 10:59] | 再建への道 | トラックバック(0) | コメント(8) |
再建の覚悟、固まる!
抗がん剤治療中、まだまだ両側全摘を受け入れられなかった私にとって、

唯一の希望の光が『再建』でした。

それが術前治療を終え、手術が終わってひと段落した頃、

ちょうどブログを休止した頃から、ふと考えるようになったこと、それは

再建する必要ってあるかな?

という、ちょっと前には考えられないような思い。

服を着てしまえば全摘なんてわからないので

手術をしたことで外出が億劫になるとか、人の目が気になるとか、

そういうこともなく以前と変わらない毎日。

別にわざわざ再建しなくてもいいかなぁ~、なんて思うまでになっていました





しかし、家族でスキーに行こうという話になった時のこと。

長男が

「野沢温泉スキー場がいいスキーの後、温泉回ろう」って言うんですよ、こともあろうに (ノ≧∀≦)ノ…━━★ ピキューン! 

(野沢温泉って町中にいくつも温泉があって、みんなタオル片手にまわるんです

まさにTHE 温泉地って感じ)


で、私としては当然夫が

「お母さんのことも考えろ」とたしなめてくれるだろうと期待したわけです。



ところが、ところが、



私が「お母さんはどうするの?」と長男に聞いたら

「部屋に風呂が付いてるとこに泊まったらいいやん


((((( ヾ( ゚д゚)ノ゛ ))))) 


長男の爆弾発言に反論すらせず、いや、反論しない=賛成的な感じで

私が『いいよ』と言うのを待ってるような感じ


…嘘でしょう ┐(´∀`)┌?


そんなこと、いちいち説明せなわからへんの?

男だからわからないのかな?

もう母さんは完全に乗り越えたと思ってるからかな?

家族の楽しみのためにここは我慢するしかないのかな?

去年抗がん剤治療やらでなんやらであれだけ迷惑かけたのに、また私のせいでダメにするのかな?



結局その場ではやり過ごしたものの我慢できずに、あとから夫に、



なんで楽しい家族旅行の時に

自分が入れない湯煙いっぱいの温泉地にわざわざ行くん?

どんな気持ちがすると思う?

そんな嫌な思いしてまで行きたくないに決まってるやん
 


とホルモン治療のせいか、もう、感情が爆発 ワァ~!。゜(`Д´)゜。ワァ~!


ここまではっきり言わないとわかってもらえないのかという情けない気持ちと

すっかり精神的にも回復してる感じなのに実はまだまだだという申し訳なさと

これは完全に私のわがままなんだと思う気持ちとが

混乱して… ヽ(≧Д≦)ノ ウワァァン!! 




…冷静になった時に、患者の闘いも続くけど支える家族の闘いも続いてるんだなぁと痛感。

患者のQOLもあるけど、家族のQOLもある、

いつまでも私に合わせて温泉好きな家族の楽しみを奪っちゃいけない、

みんなで気兼ねなく温泉に行けるようにやっぱり再建しよう家族のためにも再建しよう、と

ここで踏ん切りがついたのでした。


 ポチっとお願いっ
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村





[2011/03/01 08:22] | 再建への道 | トラックバック(0) | コメント(9) |
| ホーム |
両側乳がん日記  乳房再建編 


はじめに

このブログは2010年4月、抗がん剤の治療中からはじめていますので、それ以前のこと(発見ら告知やら)は、記憶をたどって簡単に綴っています。 初めての方は、カテゴリーの上から順に読んでいただけると病気のながれがわかります。

プロフィール

きりりと

Author:きりりと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

   2010.6より開始

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。