スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
術後五日目PartⅡ 退院!
昨日の続きになるんだけど、なんだかんだで退院しました

帰ってから早くも脇の下辺りに腫れが出てきて(滲出液のせいと思う)痛みがひどくblogどころではありませんでした

入院中たくさん閲覧やエールありがとうございました

かなりヒマだったんで、もうアホか?っていう位何度もいただいたコメントやら友達からのメールを読み返したりしておりました

ホントに感謝しております



それで結局、昨日部長先生の診察を受けて、

“腫れてきたら注射で液を抜くから来てねぶっとい針だけど、感覚が麻痺して痛くないから大丈夫だよ“だって。


両側全摘で術後五日目の退院


皆さんどう思いますかぁ?

これでも乳腺の拠点病院だし、部長先生も主治医も乳腺の専門医です

要は病院の方針の差だと思うんだけど、私はもう少し液が減るまで入院してたかったな

針で抜けば一緒というけど、術後二日目には痛み止めが要らない状態だったのに、なんでまた今、脇の下の激痛で痛み止めを飲まないかんねんおかしいやろっと思うわけです


それから主治医の件

前にも少し書いたけど、結局まだ先生のお父さんは亡くなっておらず、看病の為にお休みらしい

先生の気持ちもよく分かる。

ただ患者としては不安がいっぱいなこの時期に、先生がおらんわ、こぅへんわなんてありえへん

それで主治医を手術前にも話しを聴きに行き、手術も立ち会い、毎日顔を出してくれた部長先生に変えてもらうことに

そしたら家に帰ってから元主治医から電話が…

顔を出せなかったお詫びと
“手術に行くことさえ難しかったけど、無事に行けて、悪いところは全部取って、私としては完璧な手術だったんで、もう術後は若い先生に任せてもいいかなぁと安心してましたそれくらい完璧だったんです

”聞きたいこととか言いたいこと、不安なこととか全部吐き出しちゃって下さいm(._.)m“

…と言われちゃうと文句も言えず、二、三質問だけして電話を切りました

この先生が大変な時期じゃなかったらよかったなぁ…


励みになります。
  ポチっとお願いします。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村>

スポンサーサイト
[2010/08/04 12:30] | 入院 | トラックバック(0) | コメント(0) |
術後五日目 退院か?
昨日の夕方、滲出液?が一日で100ccを越える量だったし、まだまだ赤かったにも関わらず、ドレーンを抜いた

前にも書いたけど、まず退院ありきな病院だし、溜まってきたら外来で抜くっていう方針だから。

私の手術は大掛かりだったので、主治医、若い先生、乳腺の部長さんの三人で行われていた。

それでなのか、ドレーンを抜く時主治医はおらず、というより主治医は手術直後に会ったきりで、若い先生が状況を主治医に伝え診断を仰ぎ、その若い先生が抜いた。

部長先生は毎日来てくれるし、若い先生と言っても、一応外来を受け持ってるし、主治医も昨日一度は会いに来たらしいんだけど、たまたま私がいなくて会えなかったから、まぁ仕方ないかなって

そしたら夜、めっちゃ汗かくなぁと思って見たら、

その滲出液が水にも強い例の絆創膏から溢れ出て、パジャマが血だらけで

すぐにガーゼを当ててもらって、今朝見たらようやく止まっていた。

それで退院決定

なんか病院選び、先生選びに失敗したな…って思いが拭いきれない

通いやすくて、まぁ評判も悪くない病院。

あと車で15分遠くまで行けば大学病院もあったけど、学生さんに診察されたりはしたくなかったのでやめたし

県のガンセンターは車で一時間位はかかりそうだったから、抗がん剤で通うことや子供達に気軽に顔を見せてほしいことなどを考えて、結局この病院に決めていた



…今、また部長先生が来て今日主治医が急遽お休みだって。

退院の前の診察もしない?

もう

担当変えてもらうわ

励みになります。
  ポチっとお願いします。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村>

[2010/08/03 08:17] | 入院 | トラックバック(0) | コメント(2) |
術後四日目


この病院の病棟はフロア毎に科が分かれていて、だいたい外科フロアには60人位が入院している。

建物は三角形で真ん中が吹き抜けになってる(写真)

吹き抜け部分は光庭っていって、リハビリで周りを歩くんだけど、全長30メートル位なんで、歩いてるうちに目が回って来ちゃうのが難点

術後の人が多いからか、あんまり出歩いてる人はいないし、まして同世代の女性はいない

そんな中、81才の上品なおばあちゃま(乳癌と膵臓ガン)、ウォーキング仲間の65才の肺ガンのおじいちゃん、54才の胃がんのおばさまとご飯友達に

普段ならまず親しくならないであろう四人が、自分の病気のことを開けっ広げに話したり

どうやって死ぬのが楽か?、脳腫瘍が意識がなくなってきていいんじゃないか?いや、家族が大変だ、とか色んな話しに華をさかす

なんだかんだ楽しい入院生活だけど、肺ガンのおじいちゃんが今日退院

おめでたいけど、ちと寂しい

最後に一緒にウォーキングしながら

“手術で悪いところは全部取ったんだから、あとはもう元気な人と同じだよ。何も変わらないから。

二度とガンに負けないように、しっかり頑張んなさいよいいねっ”と励まされる。

なんだか急にうるっときてしまう

そうだ、もう悪いところはないんだもんね

手術日から三日もお休み取って、土日を含め丸五日看病し続けてくれたパパや子供達のためにも頑張らなあかんよね



励みになります。
  ポチっとお願いします。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村>

[2010/08/02 10:47] | 入院 | トラックバック(0) | コメント(6) |
術後三日目
今朝気分もよかったから、顔を洗ってすっきりした後、

帽子も脱いでシートマスクでリラックス

そこへ「きりりとさ~ん」と看護婦さん

一日24時間のうちのほんの10分しかないようなタイミングでどうして来ちゃうの~~

看護婦さん、めっちゃビビって後ずさりしてたのをシートマスクの下からでも見逃さなかったわよ



ところで病院情報局っていうサイトご存知だろうか?

各病院の入院期間やら手術数やらがのっていて、病院選びの一つの目安になるようなサイト

今は携帯から更新してるから、退院したら貼付けるので一度覗いてみて

その病院情報局によると、この私の入院している病院は全国でも五本の指に入る位入院日数が短い

重篤な患者さんが多い大学病院だと必然的に入院日数が長くなるから、一概には比較できないし注意が必要なんだけど、

この病院は私に言わせると“まず退院日ありき”なんだよね

「月曜日にはドレーン抜いて、火曜日退院で

「あの~リハビリし過ぎかドレーンの色が真っ赤になっちゃったんだけど、それでも抜いちゃって大丈夫?

「多分大丈夫よ

だって。ドレーンって薄い黄透明位にならないと抜かないんじゃないの?

経験者の皆さん、いかがでしたか?

早く退院させて回転率を上げたい病院側と、ゆっくり入院生活をエンジョイしたい私との攻ぎ合いだわ

ランキングに参加しています   ポチっとお願いします。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村>

[2010/08/01 14:33] | 入院 | トラックバック(0) | コメント(2) |
術後二日目PartⅡ
腕の動きのこと

病院でもらったパンフレットでは術後五日目位までは90度位まで上げ下げしたり回すようにと書いてある

90度位は初日から動いてたからか、担当医は”もっと上げて~“って

調子のって上げ下げしてたら、ドレーンの管の色が少し赤みを増してきたから自主的にストップ

先生は土曜日で早々いなくなるから聞けないし、無理し過ぎは禁物だと思いつつ、最初が肝心とも聞くし

この時期どのくらい出来たらいい感じなんかなぁと思って

今は頭の後ろで手が組めるけど、100度位しか広がらない感じ

これで大丈夫かな?


ランキングに参加しています   励みになります。ポチっとお願いします。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村>

[2010/07/31 22:16] | 入院 | トラックバック(0) | コメント(6) |
| ホーム | 次のページ
両側乳がん日記  乳房再建編 


はじめに

このブログは2010年4月、抗がん剤の治療中からはじめていますので、それ以前のこと(発見ら告知やら)は、記憶をたどって簡単に綴っています。 初めての方は、カテゴリーの上から順に読んでいただけると病気のながれがわかります。

プロフィール

きりりと

Author:きりりと

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

   2010.6より開始

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。